ニキビ マスク

マスクはニキビを悪化させる

大人ニキビをスキンケアと最先端の成分で改善させるなら「ビーグレン」↓
ニキビ

マスクはニキビを悪化させる
風邪を引きやすい冬場になると、体調を崩してマスクを着用している方をしばしば見かけます。冬場だけでなく、春先や秋頃でも花粉症防止用のマスクを着用している方もいますし、精密機器を扱うクリーンルームなどの職場でもマスク着用が義務付けられることもあります。

 

マスク自体は雑菌を排斥することの出来る大変便利なアイテムなのですが、マスクを着用することで思わぬ健康被害が発生する可能性があります。それは、ニキビの悪化です。
マスクを着用すると口の周りが外気から遮断されて非常に蒸れます。温度・湿度が上がった密閉空間は、ニキビの原因であるアクネ菌の繁殖にうってつけの環境です。おまけに蒸れることで口の周りに汗をかき、その状態が長時間続くため、やはりニキビの悪化の原因となる不衛生な肌状態となってしまいます。

 

また、長時間マスクを着用していると肌が擦れて痒くなり、無意識のうちに掻いてしまいます。この時肌の角質層が傷つき、マスクに付着している雑菌が侵入してしまいます。必要以上に肌に刺激を与えることで皮脂の過剰分泌が始まり、ニキビが悪化しやすい土壌が形成されていきます。

 

このように、マスクを多用していると肌の健康にとって大変好ましくありません。事実、長時間マスクを着用している人はそうでない人に比べてあごニキビが悪化しやすい傾向にあります。かと言って全くマスクを着用しないわけにもいかないため、マスクを利用する機会の多い方は以下の三つのポイントに気をつけてください。

 

一つ目のポイント

マスクを衛生的に保つことです。マスクは短時間で雑菌が付着して汚れますので、出来れば使い捨てマスクを利用しましょう。同じマスクを毎日使い続けるのはもってのほかです。また、定期的にマスクを外して換気することも大切です。

 

二つ目のポイント

自分の体型に合ったマスクを選ぶことです。サイズの合わないマスクを着けているとどうしても違和感を感じるため、無意識に口周りを触ってしまいます。きちんとサイズを調節してマスクを自分のあごにフィットさせましょう。

 

三つ目のポイント

スキンケアです。帰宅したらフェイスケア用品で念入りに顔を洗い、肌の衛生に十分に気を配りましょう。毛穴に詰まった皮脂やアクネ菌をきっちり処理すれば、厄介なあごニキビを予防出来ます。

大人ニキビをスキンケアと最先端の成分で改善させるなら「ビーグレン」↓
ニキビ

 

 

白ニキビ治らない時の化粧品人気ランキング最新版はここから