ニキビ 赤み

ニキビの赤みを治す方法

大人ニキビをスキンケアと最先端の成分で改善させるなら「ビーグレン」↓
ニキビ

ニキビ跡や白ニキビ等の、ニキビの赤みが気になり、化粧品や洗顔のしすぎで逆に悪化させてしまったという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

実は同じ様に見えるニキビの赤みでも、その発生するシステムは大きく異なっている場合があります。
例えばニキビを原因とする様々な皮膚の炎症によって、皮膚のバリア層にダメージが及び、外部からの刺激や乾燥により赤みが発生している症状の場合、無理に洗顔を行うのは逆効果になります。
きちんとした生活習慣を保って、保湿やビタミンCなどの栄養を補って、お肌の免疫能力を向上させて、健康的なお肌の状態に回復する事が、赤みを治す為の早道となります。

 

またニキビが治っても、その跡などに、いつまでも赤みが残る症状もあります。
これはニキビ周辺が炎症を起こし、鬱血状態になっている為の赤みです。
従って症状改善の早道は、お肌を構成する細胞の生れ変わり、健全なターンオーバーを促進させることが考えられます。

 

ところがここで問題があります。
ニキビはその発生システムから考えても、同じ様な場所に、繰り返し出来る事があるからです。
せっかく健全なお肌の細胞を再生させようとしても、同じ場所にニキビが発生し、再度、炎症を繰り返したのでは意味がありません。

 

従ってこの症状の改善ポイントの重要な所は、いかにニキビの再発を防ぎながら、お肌の健康的な新陳代謝、健全なターンオーバーを促進するかという事になります。
過度な皮脂を分泌しない様に食生活などにも気を配りながら、ニキビケアを行い、基礎的なスキンケア化粧品などの力も借りると良いかもしれません。

 

そして思春期のニキビの赤みとして典型的な、脂漏性皮膚炎による赤みも考えられます。
何しろ思春期は皮脂の分泌が盛んな時期です。
皮脂腺から分泌される過剰な皮脂に、真菌などが繁殖して皮膚炎を起こして、結果として赤みに繋がります。
専門の皮膚科などで、脂漏性皮膚炎によく効く外用薬を処方してもらえるので、悩んだ時には、専門のドクターの診断を仰ぐのが、改善の早道です。

大人ニキビをスキンケアと最先端の成分で改善させるなら「ビーグレン」↓
ニキビ